2017年11月30日(木) 岸和田浪切ホールにて11月例会が開催されました!
今年度2度目の戦略例会。
テーマは
「増収増益のカギはイノベーションとマーケティングにあり! ~最大の危機は最大のチャンス~」
DSC_0730.jpg

松田委員長が声高らかに開会宣言を行い、土肥会長が今年度最後の例会挨拶をされ戦略例会スタートです!
DSC_0734.jpgDSC_0738.jpg


今回のレクチャラーは、我らが南大阪経営研究会の高畑レクチャラー。
毎回ですが高畑レクチャラーのお話はとても分かりやすく、動機付けもされますよね。
DSC_0741.jpg

年内最後の例会で、同じ南大阪経営研究会の仲間の事例発表があるので超満員となりました!
なんと会員出席率は90%超えたんですよ!
2017.11.jpgDSC_0754.jpg


イノベーションには持続的イノベーションと破壊的イノベーションがあります。
AlphaGoのお話は正に、破壊的イノベーション。
これからのAIは絶対的な脅威になる事は間違いないですが、いかにAIをうまく活用できるのか?
今後の業種は全てがIT企業と言われる時代にも入ります。
このAIやIOTなどをうまく自社の業種と関わらす、また分離するなどを考えていく時代がすぐにやってくるのですね。
DSC_0758 (2).jpg


続いては事例発表
今回は南大阪経営研究会の仲間が業績に苦しみ、自社の存続も危ぶまれた中でいかにしてイノベーションを起こしてきたのか?
自社の過去を赤裸々に語られ、そこから何がどう変わったのかを高畑レクチャラーがレポートしてくれました。

松田スクリーンの松田社長は自社の強みを他の商品に活かし業績向上をされました!
自社の売り上げが1/10まで落ち込み、会社を畳む覚悟までされた・・・。
しかし、諦めずに商品開発を繰り返し、結果を作られたのです。
松田社長は商品開発に必ず100回の実験や確認を行うと言います。
この執念のような努力が実を結ぶのですね!
ザワザワ.jpg松田発表.jpg


テクノタイヨーの水野社長は3,000万円の債務超過から復活をされ、現在は絶好調に業績向上されています。
赤字から黒字になるまで6年かかり、色々な苦労を経験されてきた中で・・・
最終的にお金は何とでもなるものだ。
最後はやっぱり人であると30TTを受講されて、改めて気づかれたそうです。
行動すれば必ず何とかなるのだと力強く語られていましたね!
チャレンジ.jpgDSC_0822 (2).jpg


正八(しょうや)の川西社長は弱みを強みへと見事に変化されました!
ピークの売上から1/5に落ち込み、更に家族のご病気で不幸がどんどん重なっていった・・・
飲食店を弁当屋さんに変えた事で、お店の広さが最適な製造の場となったのです。
家族が倒れた事で、社員さんや職人さんをよく観察できるようになった。
更に、お客さんの事も良く見るようになり、顧客の目線で考えられるようになったと言う事です。
逆境.jpgDSC_0847 (2).jpg


マーケティングについては、やはり ピータードラッガー氏ですね。
マーケティングとは「販売を不要にする事。」
『お客様は何を買いたいのか」を問う事。
大切な事は『顧客』がどうしたいのか?を先回りして考える事ですね。
DSC_0864 (2).jpgDSC_0865 (2).jpg


最後は高畑レクチャラーの好きな言葉で締めて下さいました。
DSC_0906 (2).jpg


例会後の深堀会。
ここでの工夫も素晴らしく、先輩経営者の方々と同じテーブルでイノベーションやマーケティングについて色々とお話が出来ました。
戦略委員会の戦略的なテーブル配置にはイノベーションを感じる事が出来ましたよね。
DSC_0908.jpgDSC_0909.jpgDSC_0910.jpgディス.jpg


そんな経営戦略委員会の皆様
本当にお疲れ様でした!
今年最後で、今年一番良かったと言われた例会運営。
とってもシビレましたね!
DSC_0920.jpg


イノベーションとは1→0、0→1にする事。
自社の成長分野に目を向けて、今の自社の強みを別のものに活かしていく。
どんな逆境に立たされようとも、情熱があれば必ず乗り越える事ができる!

大切な事は
『出来ると思うマインドを持ち、それをやり続ける事!』

そして、
『一つの商品にとらわれず、常に次も意識しておく事!』


とても重要で深い内容の例会だったと感じました。
自社のイノベーションは何が出来るでしょうか?
自社のマーケティングはどんな事を行う必要があるでしょうか?

次回はいよいよ2017年度最後の行事
総会&納め会

12月22日(金) 18時半~
レイクアルスターアルザ泉大津 4階

総会資料に目を通して、参加しましょうね!