2018年9月17日、18日にグランキューブ大阪にて第24回全国経営発表大会が行われました。
北は北海道から南は沖縄まで、全国から集まり、参加総数は過去最高の1931名でした!!
南大阪経営研究会は副主幹という立場で、全国から来られるみなさんを迎え入れる立場で準備を行いました。


DSC_0031_R.JPGDSC_0032_R.JPG


全体発表は岐阜県で空調設備事業を営む会社の方針発表でした。
素晴らしい発表でした。

DSC_0037_R.JPGDSC_0038_R.JPG

南大阪経営研究会からは142名参加し、その内22名が経営発表を行いました。

DSC_0065_R.JPG

発表する人も、アドバイスする人も真剣です。

DSC_0060_R.JPG

経営方針発表はもちろん、講義も勉強になりますね。

DSC_0012_R.JPG


最後に表彰式が行われました。

DSC_0096_R.JPG


大会終了後、南大阪経営研究会、北大阪経営研究会、大阪経営研究会の3つの会合同で、懇談会が行われました。
学びの為の懇談会のので、もちろんノンアルコールです!

DSC_0087_R.JPG


全国の経営研究会会員が、経営研究会での学びの集大成として、経営発表を通して学び合い、知恵を出し合う二日間となりました!


今回のテーマは「今こそコア・コンピタンス経営を実践し経営革新を促進する」
厳しい経営環境中で生き残るには、コア・コンピタンス経営が重要ですね。


みなさんお疲れ様でした!!