活動報告

日創研経営研究会2018年特別研修開催

全国事業

平成30年11月12,13日と2日間にわたり特別研修が東京で開催されました!
全国事業として全国大会、経営発表大会、東京特別研修が開催されます。
全国から約1000名近い経営者が集まりました。

「共に学び 共に栄える」理念に共感し、たくさんの経営者が共通の体験を自社に持ち帰ります。

南大阪経営研究会の仲間も約50名で学びにまた最新の情報を取りに行って参りました。
初めの挨拶は日創研経営研究会の本部会長であります、田舞会長より熱いご講演を頂きました。
田舞本部会長のお話をお聞きするといつも背筋がピンと伸びます。

そして上記の写真にありますように、経営者はいつまでも学ばなければならない。
いつまでも…
そこをX軸(学習量)がある一定のところまでいかないと成果は出ないということです。
ある一定を超えてくると理解し、試み、そして気づき、そこから理論の確立がされ始めて実践知になるのですね。
ただ、ほとんどの方があきらめ軸の段階で学びを止めてしまう方が多いそうです。
このロジスティック曲線は大いに納得致しました。

仲間がいるから諦めずに学び続ける事が出来ます。
東京特別研修では一年間の締めくくりになれるような深い学びを行う事が出来ましたね。

各テーブルではディスカッションが行われ、テーブルリーダーが学びを深める質問を幾度となく投げかけ、大いに深まりました。

ディスカッションをする程に、学びの質が深まりますね。

先輩経営者の皆さんも、とにかく真剣に学びを得ています。

これで良いという事ではなく、いつまでも学び続ける事が何よりも大切なのですね。

最後は南大阪経営研究会の仲間との記念写真。

たくさんの情報を得る。
たくさんの学びを深める。
たくさんの仲間と語る。

全国事業は特別な研修です。
通常例会では感じられない特別な共通体験を得られる事が出来ます。

この経験を逃す事なく、自社に活かせるように取り組みます!

ご参加された皆様、お疲れ様でした!
そして、同じ時間を共に過ごせた事に感謝致します!

活動報告一覧へ

最近の記事

過去の記事

日創研経営研究会について